年齢肌の悩みも解決!注目のオールインワンジェル

肌のお手入れにオールインワンジェルを使用することがかなり定着してきていますが、実際、どれを選べばよいのかわからなくなるくらいの種類があります。

たくさんの商品がある中で、じっくりと比べてみると、成分も違えば1つで何役をこなせるかという役割も異なっています。

自分にあったオールインワンジェルを決めるためには、どんなオールインワンジェルがあるかを知ることが一番の近道です。

種類が多すぎる?オールインワンジェルの種類

使いだすとその手軽さと肌の状態の良さに手放すことができなくなるオールインワンジェルですが、人気があるということで、その種類は、これから初めて購入するという人にはすんなりと決められないくらいの種類があります。

オールインワンジェルなんてどれも同じようなものなんじゃないの?と思う人も多いようですが、それぞれ、成分からどの役割をまとめた上でのオールインワンなのか、ジェルのテクスチャーなどなど、こだわって作られているので、なかなか侮れません。

また、オールインワンジェルにもこういうお悩みに最適!というおすすめなパターンもあります。

保湿に効果が期待てきるもの、ホワイトニングに効果が期待できるもの、デコルテにきび対策に効果が期待できるもの、年齢肌のお悩み全般に効果が期待できるものなどなどです。

オールインワンジェルで最初に見るのは、やはり成分でしょう。

美容成分についてどのようなものがどれくらい入っているかを見ます。肌のことを考えると無添加が一番いいですね。あとは、自分の肌の悩みに合った美容成分が入っているかです。

オールインワンジェルの成分でよく見かけるのは、美容成分の王道であるコラーゲン、プラセンタ、ヒアルロン酸、これらの美容成分がそれぞれ複数種類入っているものもあります。

またセラミド、アミノ酸、ビタミンCなど、肌に大切な成分が含まれているものも多くあります。

この辺りの成分が基本になってくるので、あとは、どの成分に注力してオールインワンジェルが作られているかで、自分の肌の悩みに照らして選定してみましょう。

容器によっても使い勝手が変わるオールインワンジェル

オールインワンジェルが入っている容器もいろんな種類があります。

一番多いのは、美容クリームに多いフタをクルクル回して開けて、適量を取ってつけるジャーボトルタイプの容器です。

このタイプには、スパチュラが付いていることが多いです。というよりスパチュラが付いていないと不安です。直接容器に指を入れてジェルを取ると、衛生面が気になりますから。スパチュラを付けるくらいの配慮は欲しいところです。

このほかには、ポンプ式になっているタイプです。

ポンプ式は、プッシュの加減で必要量を調節でき、衛生面的にも安心して使えます。

一つ気になるとすれば、最後まで使い切っているかどうかがわかりにくいことです。ポンプで吸い上げられない分がボトルの隅に残されていたりすることってよくありますよね。その状態になっているのでは?ということが使い終わりに気になります。

これら以外にも、チューブタイプのオールインワンジェルもあります。

チューブの本体をグッと挟むように押すことで必要量が出るタイプ、歯磨き粉のような形といえば分かりやすいでしょうか。これも衛生面ではジェルを直接触らないので安心できます。使い終わりも自分が納得のいくまで押し出すことができるので、比較的満足することができます。

容器のタイプがオールインワンジェルの選定の決め手になるかどうかは、人それぞれでしょうが、衛生面を考えることも一つの要素であると思われますので、紹介しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です