オールインワンジェルのメリットとデメリット

オールインワンジェルのメリット

オールインワンジェルのメリットとしては、スキンケアにかける手間や時間を省くことができる・メイクの時間を短縮できる・肌に優しい・スキンケア化粧品の費用を抑えることができる・・・などが挙げられます。

スキンケアにかける手間や時間を省くことができるというのは、最初にも触れましたが、一般的にスキンケアというのは、化粧水・美容液・乳液・クリーム・・・という順番で行います。朝の忙しい時間であっても、これらスキンケアは、手を抜かずに毎日しっかりと行いたいものです。洗顔後にスキンケア化粧品で保湿を行うのは5分以内が鉄則だと言われています。それ以上の時間を空けてしまうと、肌がどんどん乾燥していってしまうんです。

しかし、忙しくて、あれやこれや・・・と他事をしている間に、スキンケアもせずに5分以上経ってしまったという経験がある女性は多いと思いますが、オールインワンジェルであれば、1ステップだけでしっかりと保湿を行えるわけですから、簡単に肌に潤いを与えることができます。

オールインワンジェルを使用することで、短い時間でしっかりと肌をケアすることができるのは、オールインワンジェルの最も大きな利点だと思います。また、スキンケアの順番を間違う心配もありませんよね。オールインワンジェルであれば、忙しい朝のスキンケアも、育児で忙しいお母さんのスキンケアも、そして仕事で疲れて、時間をかけずにスキンケアをしたい方でも、短時間でしっかりと肌のケアを行うことができます。

メイクの時間を短縮できるというのは、一般的に、朝、洗顔してからスキンケアを行い、その流れでメイクをする方が多いでしょう。

ですから、その流れのうち、スキンケアの時間を短縮することができるわけですから、自然とメイクにかかるまでの時間を短くすることができるということです。もし、使用するオールインワンジェルに化粧下地の機能もまとめられていれば、更にメイク時間を短縮することができますね。

肌に優しいというのは、意外にスキンケアというのは肌に刺激を与えることになります。スキンケア化粧品を肌につける際、手のひらにつけてお手入れする方、コットンにつけてお手入れする方・・・と様々でしょうが、いずれにしても、肌につけることで少なからず摩擦が起こり、それによって大なり小なり肌にダメージを与えることになってしまいます。

スキンケアで行うステップが多ければ多いほど、肌へ与えるダメージは増えてしまいますよね。しかし、オールインワンジェルであれば、肌につけるのは1回で済むわけです。単純に考えて、スキンケアの4ステップをする場合と比較すれば、1/4の摩擦で済み、その分、肌への負担も軽減することができるのです。

スキンケア化粧品の費用を抑えることができるというのは、スキンケアの全工程を行う場合、化粧水・美容液・乳液・クリームの全てのスキンケア化粧品を揃えなければなりません。世の中には、各メーカーが本当に多くのスキンケア化粧品を販売していますが、だいたいラインごとに、スキンケアの各ステップに使用するスキンケア化粧品が揃っていますね。

スキンケア化粧品は、美白・保湿・アンチエイジング・・・などの目的に応じて様々な種類がありますが、商品によっては価格が高額なものもあり、それらをラインで揃えるとなると、かなりの費用がかかってしまうことになります。アンチエイジングケアに特化したスキンケア化粧品のラインだと、特に価格は高めです。オールインワンジェルならば、購入するスキンケア化粧品は1つだけですから、4種類それぞれのスキンケア化粧品を購入するよりも、出費を抑えられることが多いんです。

オールインワンジェルのデメリット

多機能で、スキンケアにかかる費用も抑えることができる・・・等、何かとメリットの多いオールインワンジェルですが、そんなオールインワンジェルにもデメリットが存在します。その代表的なものが、肌のコンディションに応じた使い方ができない・・・という点ではないでしょうか。

基本的にオールインワンジェルというのは(もちろん、商品によって違ってきますが)、美白成分・保湿成分・エイジングケア成分・・・など、美肌に働きかけることができる多種多様な効果をもった成分がたっぷり配合されています。だからこそ、どのような肌トラブル・肌の悩みも解消・改善することができるわけですが、しかし、その各成分の配合率というのは、決して誰が使っても有効というわけではありません。万人向けに開発・製造されたものではないんですよね。

例えば、海やプールなどで紫外線をたっぷり浴びてしまった日の夜、シミやそばかすを作らないために、美白成分を多く配合したスキンケア化粧品の使用が有効となるわけですが、そこでオールインワンジェルを使用すると、確かに美白成分も配合はされているものの、その配合されている成分量が足らず、十分な効果を得られない場合もあります。

同様に、肌が乾燥してしまっているので、潤いを与えようとオールインワンジェルを使ったとしても、確かに保湿成分が配合されているものの、その成分量が十分でなく、しっかりと肌に潤いを与えられないことも考えられるのです。どんな方でも、まんべんなく使用することができる分、一般的には、1つの目的に特化してつくられたスキンケア化粧品ではないため、人によっては十分な効果が得られない場合もあります。もちろん、目的に特化してつくられたオールインワンジェルも存在しているんですけどね。もし、1つの目的に特化してつくられたわけではないオールインワンジェルを使用する場合は、肌の状態に応じて、オールインワンジェルに、プラスαのスキンケア化粧品を使用すると良いかと思います。

また、肌の状態というのは、その日の気温・湿度・本人の行動・・・などによって変化していきます。もし、これまでその肌のコンディションにあわせてスキンケアをしていた方にとっては、1本で済ますことができるオールインワンジェルでは物足りないと感じるかもしれません。実際には、本人が思っているほど、肌へのケアが足りないわけではないのですが、しかし、肌の状態に合わせて複数のスキンケア化粧品を組み合わせたスキンケアと比較すると、確かにオールインワンジェルでは十分なケアとは言えませんので、その場合も、オールインワンジェルに+αのスキンケア化粧品を組み合わせると良いかもしれません。

しかし、これらのデメリットというのは、肌のコンディションにあわせて適切なスキンケアを調節しづらい・・・というものであり、肌に悪影響を及ぼすものではありません。先ほどから触れている通り、他のスキンケア化粧品を組み合わせたり、またオールインワンジェルを重ね塗りすることでコントロールすることは十分に可能です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です